スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今更ながら

2010/12/16 Thu 21:27

ちょいと乗り遅れた感じがあるけど、殿堂考察でもやろうかな。

長くなるので追記より。
プレミアム殿堂
《アクアン》
妥当。
今までプレミアム殿堂しなかったのは黒青白っていう今までカラーリングが
そこまで強くなかったから・・・と思う。
このカードを入れる以上、前環境で必須レベルだったブーストを扱えない欠点があった。
それがあった上での放置だったんだろうけど、次元の登場で話が変わったんだよね。
今じゃ5マナでフィニッシャーが出てくる時代だからブーストを扱う必要がなくなった。
となると、次元の直前に大量ドローをするこのカードが許されていいはずがない。

《サイバー・ブレイン》

まあ妥当。
書きたい事はほぼ《アクアン》の項で書いたかな。
加えるなら、青が入るデッキには必須レベルの汎用性。
1枚制限で《アクアン》同様引きゲーとなっている点で、ようやく動いたかという印象。


殿堂
《邪神M・ロマノフ》
妥当。
ドレーン獄門Mに始まり、《魔弾 ベター・トゥモロー》を発射したり
超次元を発射したりやりたい放題でした。
最近ではドロマー超次元の台頭で
少しずつ環境ワントップとしての立場を崩されつつはあったがそれでも強い。
このカードのダメなところは中速ビートの存在意義をほぼ奪ってしまったところ。
"ゴッドは殿堂入りしない"という人の気持ちは分からなくもないけど、これは異常。

《魔光蟲ヴィルジニア卿》
まあ妥当。
このカードが存在する以上ナイト進化やワーム進化には
そこまでオーバースペックなカードは出せなかった筈。
しかし現実には《大邪眼B・ロマノフ》というクリーチャーが登場してしまった。
最速4ターン目に3枚のハンデスに3打点は強力の一言。
最近ではMロマの台頭で少し影を潜めていたが、それを規制するとこいつが暴れだす。
Mのトップを強くする要因にもなったりで、何と言うか本当にお疲れ様。

《ラッキー・ダーツ》

妥当。
運さえあれば勝てるってのはゲーム的によろしくない。
"呪文はフィニッシャーになりえない"という前提でデザインされていると思うから、
超次元呪文が登場した時点でもう無茶苦茶に。
《時空の花カイマン》とのコンビ殿堂でも悪くは無い、とは思ったけどダーツ自体がつまらない。
1ターン目に中型が出るって、そりゃおかしいわ。

《ハイドロ・ハリケーン》
意外。
最近だと全然見なかったからいつの間にか消えていった、っていう印象。
ビート抑制のためにブロッカーを並べるから殿堂なのかな。
まぁ解除持ちの覚醒も食えたり、ボードとマナを両方持っていくのは強かったよね。
次元で白いのを2枚並べるのも強いし、そう考えると殿堂も無理はないのかな。

《威牙の幻ハンゾウ》

意外。
殿堂しちゃうとビートの抑制がきかなくなる…という感じでどちらかというと反対派だった。
後述するけど《光牙忍ハヤブサマル》も殿堂入りするからビート、特に速攻が暴れだす悪寒。
置換効果でフィニッシャーになりえるのが殿堂の一因か。
あとは色が合わなくてもどんなデッキにも採用を検討できる汎用性。

《光牙忍ハヤブサマル》
めっちゃ意外。
《威牙の幻ハンゾウ》とは違ってただの3000の壁だからこれを殿堂しちゃうと速攻がやばい。
まぁ汎用性はあったと思うよ。ノーガードと見せかけてハヤブサありましたよ的な。
やってることはただの遅延だから、これが殿堂するなんて信じられなかった。
これからはトリガーが身を守る術になっていくのでしょうか。

《龍神ヘヴィ》
これも意外。
でもよく考えてみるとオーバースペックなんだよねこいつ。
1ドロー(1.5)+相手選択除去(3)ですでに4.5コスト相当。
要らないクリーチャーを破壊すれば5000が残るのはそりゃ強い。
Mロマの殿堂で"ゴッドは殿堂入りしない"というルールがなくなったから殿堂、とも考えられる。
他の要因としては《悪魔神王バルカディアス》の為?これのせいだったらちょっと失望するかもね。

《転生プログラム》
意外だった。
まあ《時空の英雄アンタッチャブル》等の軽量サイキックを出してしまった以上仕方ないかな。
4ターン目に《光神龍スペル・デル・フィン》とか出れば、そりゃ冷めるか。
《ミラクルとミステリーの扉》とも性質は似てるけど…
《光神龍スペル・デル・フィン》の出る確率の違いかな。
次元プッシュするなら早期の《光神龍スペル・デル・フィン》は好ましくない。


まとめ
最初にリストを見たときは正直「マジかよ」って思ったけど一枚一枚噛み砕いていくと大体納得。
誰でも予想する通り、ビート環境になっていくと思う。
死亡デッキは、
【超次元ダーツ】【緑黒白】【Mロマノフ】【転生プログラム】【ハイドロ・ハリケーン】あたり。
そして【マルコビート】【メルゲ速攻】【黒緑速攻】【黒青白超次元】が流行ってきそう。
典型的なパクリプレイヤーには環境読みなんて無理なんでこれぐらいで精一杯。
環境知りたい人はvault大会見るといいと思うよ。

以上、殿堂入り考察でした。
雑記 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
そうだな( ´◔‿ゝ◔`)
No title
(´◔◞౪◟◔)!?

管理者のみに表示
« 1217 | HOME | 帰還 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。